高校時代に一度は投手を諦めるも、準硬式野球を始めた大学で一気に才能を開花させ、プロの扉を開いた左腕がいる。滋賀県守山市出身で、プロ野球楽天ゴールデンイーグルスにドラフト6位で入団が決まった鶴田圭祐投...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)