南極大陸で調査活動を続ける第58次観測隊(本吉洋一隊長)には、インドネシア、モンゴル、タイの若手地質研究者が参加している。南極観測の裾野を、極地研究の経験が少ないアジアの国に広げる目的。今回が初めての...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)