大相撲の初場所で初優勝し、横綱昇進が確実になった大関稀勢の里(本名萩原寛、茨城県牛久市出身)が千秋楽から一夜明けた二十三日、所属する東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で会見を開き、あらためて喜びを語った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)