今年の則本昂大には例年以上の強い責任感が漂う。開幕前のWBCに向けては、日本代表の一員として「(2大会ぶりに)世界一を奪還するための力になりたい」。チームでは、新人から4季連続で務める開幕投手を譲る...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)