岩手県南部で5~6月、4週続けてマラソン大会の日程が組まれ、各大会関係者が動向を注視している。奥州市で5000人規模の大会が初開催されるため、参加者確保の競争が激しくなりそうだからだ。既存大会の関係...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)