新潟県糸魚川市中心部で147棟を焼いた大火から22日で1カ月となった。今もがれき撤去が続く被災現場では、市が復興計画の策定まで建物建設の見合わせを求めている。災害に強い街づくりに向け、被災者との合意形...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)