2020年の東京五輪・パラリンピックのホストタウンに登録された田川市は21日、北九州市立大の留学生を招き、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を使って田川の魅力を発信する調査を行った。7カ国・地...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)