広島の岡田がフォーム修正への土台づくりに余念がない。今春キャンプではテークバックで右肩が下がる癖を矯正する。「持ち味の球威を保ったまま、制球力をつけたい」。肩と下半身を早めに仕上げ、昨年以上の投げ込...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)