障害者バドミントンの日本選手権(昨年12月17、18日・千葉市)の女子シングルス立位混合(SU5+)で2連覇を飾った七十七銀行の鈴木亜弥子選手(29)が20日、仙台市役所と宮城県庁を訪れ優勝を報告し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)