若手が暮らす大野寮の道原寮長は、感心した。入寮した7日の夕、隣接する練習場から打球音が聞こえてきた。荷ほどきが残っていたり、打撃マシンの扱いが分からなかったりで、初日から打ち込む選手は珍しい。「近年...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)