山口県が進める「ぶちエコやまぐち”ごみ減量化“キャンペーン」をPRするサッカー教室が18日、下関市彦島角倉町の角倉小学校(山住英朗校長、307人)であった。 県、サッカーJ2のレノファ山口、市の共...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)