本県スキーの競技力強化と選手減少について対応策をともに考えようと、県スキー連盟(冨田政利会長)と各団体が動き出した。対策委員会設立に向け同連盟と県、県体育協会、県高校体育連盟の担当者が18日、山形市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)