2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の釜石会場でのテロ発生を想定した図上訓練は18日、盛岡市内丸の県庁と釜石市役所で行われ、自衛隊や県警、岩手医大災害派遣医療チーム(DMAT)など15機関の約2...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)