沖縄県・石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で、海水温の上昇による白化現象を経て、サンゴが大規模に死滅している様子が18日、共同通信の現地潜水取材で確認された。一方、厳しい夏を乗り切...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)