日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は18日、東京都内で記者会見し、辞任を表明した。コンピューターソフト不正使用疑惑を巡り「対応に不備があった。三浦弘行九段に迷惑を掛けたことを深くおわびする」と述べた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)