阪神・淡路大震災から22年の17日、オリックスの福良淳一監督らスタッフ、選手約80人が神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で黙とうした。球団は今季から活動拠点を大阪・舞洲に移転させるが、神戸での...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)