後半戦の白星スタートを切ることはかなわなかった。仙台はリーグ戦3試合で大敗を喫していたA東京に高さで屈した。  柳川や熊谷が自分のマークを捨てて他の4人のマッチアップをカバーする守備は、一定程度機能...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)