京都市東山区の三十三間堂で15日、弓の伝統競技「通し矢」に由来する大的(おおまと)全国大会があり、約10センチの雪が降り積もる中、晴れ着姿の新成人ら約2千人が腕前を披露した。午前8時半前、雪化粧した三...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)