鳥取県智頭町の那岐地区で、地元住民でつくる特産品開発研究会による恒例の「かき餅作り」が始まった。“氷餅”と呼ばれ、昔から寒さが増すこの時季に作られており、県内外に常連客が多い。13日には同町西宇塚の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)