政府と2020年東京五輪・パラリンピックの競技開催地の自治体でつくる協議会は13日、都内で会合を開き、道県ごとに実務者による作業チームを設置することを決めた。大会総予算の費用分担協議に向け、自治体ご...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)