男子100メートルは昨季、桐生祥秀(東洋大)山県亮太(セイコーホールディングス)ケンブリッジ飛鳥の活躍で盛り上がった一方、9秒台突入はまたお預けとなった。3選手はこの冬、筋力アップに取り組み、「10...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)