北海道木古内町の佐女川(さめがわ)神社で13日、180年以上続く伝統神事「寒中みそぎ」が始まった。雪が降り積もる氷点下5度の境内で、「行修者(ぎょうしゅうしゃ)」に選ばれた15~25歳の男性4人が下帯...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)