東京都の小池百合子知事は13日の定例記者会見で、自身が支援する現職と自民党が擁立する新人の対決となる見通しとなった2月5日投開票の千代田区長選が、夏の都議選の前哨戦になるとの見方を示した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)