小型無人機「ドローン」を災害時に活用する動きが各地で広がっている。物資搬送や撮影画像の3D化などの実験を進める大阪市立大と大阪市の医師畑直成さん(59)のグループは、津波や川の氾濫などの災害で、ドロー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)