サッカーJ1仙台の選手らが12日、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県名取市閖上地区を慰霊に訪れた。同市職員や被災者から震災当時の状況を聞き、被災地にあるチームとしての決意を新たにした。  訪れた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)