復興庁は12日、東日本大震災の被災地を支援する「復興応援大使」を新設し、リオデジャネイロ五輪体操男子金メダリストの内村航平選手(28)が就任したと発表した。復興イベントへの参加などを通じ、被災地の現状...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)