東京都の小池百合子知事は12日、都内で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、2020年東京五輪・パラリンピックで都以外に整備される仮設施設の費用は300億~400億円との見通しを示し、「負担を押し付...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)