「九州のタイソン」の異名を取る、久留米櫛間ボクシングジム(久留米市)所属の日本ウエルター級7位、別府優樹選手(25)が13日、東京・後楽園ホールで大記録に挑む。KO勝利すればデビューから15戦連続K...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)