「一本でも多くヒットを打ちたい。その積み重ねで15年やってきた」。引退会見で後藤光尊氏は淡々と現役生活を振り返った。  175センチ、75キロと小柄な体でドラフト10巡目からはい上がり、強打の二塁...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)