たとえ何点差になろうと、MF大塚諒主将は諦めるつもりはなかった。「スタンドで応援してくれている人たちのためにも走り続ける」。後半31分には身長164センチの体を懸命に伸ばして左クロスをヘディングシュ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)