「雪国という逆境をパワーにしてくれた」。ようやく手にした栄冠に、黒田剛監督(46)は万感の涙をこぼした。青森山田が9日の全国高校サッカー選手権決勝で勝利し、初優勝を成し遂げた。監督就任から22年目で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)