スピードスケート・ショートトラックの全日本選手権最終日は9日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行い、女子は菊池萌水(稲門ク・野沢北高―早大出)が合計86点とし、初日総合2位から逆転で初の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)