約110年ぶりの解体修理が進む奈良市の薬師寺東塔(国宝、高さ約34㍍)で9日、心柱を据え直す「心柱立柱式」が開かれた。読経が響く中、高さ約18メートル、重さ約4トンの心柱がクレーンでつられ、工事関係者...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)