バレーボールの全日本高校選手権最終日の8日、東京体育館での決勝で、女子の3年連続40度目出場の就実(岡山)は下北沢成徳(東京)に敗れ、準優勝となった。就実の応援席には、保護者や教職員に加え、首都圏在...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)