南極観測隊が活動拠点とする昭和基地から南に約20キロ、袋浦(ふくろうら)と呼ばれる小さな入り江では、約100組のアデリーペンギンのつがいが子育ての真っ最中だ。親鳥は交代で海に入ってオキアミなどを捕り、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)