県民の夢を乗せた佐野日大高の快進撃が、試合終了の笛とともに終わりを告げた。イレブンを率いた海老沼秀樹(えびぬまひでき)監督(46)は、柔らかい笑みを浮かべながら涙を流す選手たちを一人ずつ出迎えた。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)