夢と希望に満ちた新人14人を迎えたチームで、悲壮感漂う選手がいる。2年前の新人、27歳の伊東内野手だ。このオフは同期や先輩の地元社会人出身者の多くが退団を強いられた中、支配下から育成選手に降格しなが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)