第1管区海上保安本部(小樽)は7日、オホーツク海の上空から航空機による流氷観測を実施した。船舶と流氷の衝突を防ぐため毎年行っており、今年は平年より15日早いペースで南下して北海道紋別市の北東沖約50キ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)