南極の昭和基地では、昨年末に接岸した観測船「しらせ」からの物資の輸送が続いた。食料や観測機器などが入った大型コンテナなどは、雪上車などで運ぶ。大みそか、昼すぎまでにほとんどの輸送作業が一区切りし、年越...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)