下肢に障害がある選手がそりに乗って氷上でぶつかり合う「アイススレッジホッケー」の日本代表が昨年末、2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックの最終予選の出場権を獲得した。10年バンクーバー大会では...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)