優勝候補の青森山田が前半残り10分を切ってから一気に3得点と畳み掛け、勝負の大勢を決した。先制点の高橋は「苦しい時間帯に取れたのが大きかった」と納得した表情を見せた。  「0-0で折り返すのは嫌だっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)