山梨学院の終戦を告げる笛が鳴ると、小林友也主将は天を仰ぎ、両手で顔を覆った。相手の迫力に押されて4失点。最後まで反撃の糸口を見つけることはできず、6大会ぶりの8強入りはならなかった。......    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)