「主将」という大きな重責と向き合った県勢3人の1年がこの日、終わった。理想とはほど遠い結末に、肩を振るわせ、消化できない思いをかみしめた。  9位で辛くもシード権を守った駒大。浅石祐史(あさいしゆ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)