女子タッチフットボールの日本選手権「さくらボウル」は3日、東京ドームで行われ、学生王者の神戸大が33-20で社会人王者ヘイルメイリーを破り、3年連続7度目の日本一となった。通算成績は学生の15勝5敗...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)