熊本市南区の熊本農高で2日、相撲部の初稽古があり、部員ら約10人が稽古に汗を流した。高校の卒業生で、新関脇として初場所に挑む正代関(25)=宇土市出身=も見学に訪れ、後輩たちにエールを送った。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)