「とにかく前を追って走ろう」。順大2区の2年塩尻和也は最上級生の西沢卓弥から15位でたすきを受け取り、力強く駆け出した。順位こそ下位だが、先頭集団との差はわずか50秒ほど。「前と離れずに西沢さんから...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)