■限界を突破した超人になりたい  スタートラインにそっと手を添え、耳を澄ます。乾いた号砲に細胞がすっと反応した。滑らかな初動から一気にトップスピードへ。勢いを殺さず第2走者へタッチ。その先に歓喜が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)