第61回全日本実業団対抗駅伝は1日、群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロで争われ、旭化成が4時間49分55秒で18年ぶり、歴代最多となる22度目の優勝を飾った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)