前半早々に勝利へのプランが崩れた。秋田商は自信を深めていた堅守で滝川二の圧倒的な攻撃力をしのぎ、自慢のスタミナを生かして相手の足が止まる終盤に攻勢に出る展開を描いていた。だが前半9分、30分に失点。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)