痛む左足をかばうことも忘れ、前を走る水色のユニホームを猛追した。「3・3キロの短い区間に、4年間の思いを全てぶつけよう」。松山大に続く2位でたすきを受けた立命大の3区大森が、気持ちを前面に出した走り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)